小柄・低身長男性こそシングルトレンチを活用しよう!シングルトレンチコートコーデ集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「低身長だからロング丈コートは似合わない」

「小柄な自分が羽織ると着られてるように見える・・・」

そんな風に決めつけていませんか?

「着こなせたらかっこいいだろうなぁ」と思いつつ小柄な自分には関係がないと思っていル人は多いと思います。

大人っぽく上品な印象に演出してくれるトレンチコートやチェスターコートなどのロング丈は、小柄男性にこそ着てほしいマストアイテムです!

雑誌やメディアなどで身長が低い人にロング丈のコートはNGと聞いたことがある方もいるかもしれませんが、そんなことはありません!!

サイズの選び方や工夫でかっこよく着ることができます。

そこで小柄でお悩みの方のために、ポイントやコツをふまえてコーデ集を作ってみました。

ぜひ、参考にしてみてください。

小柄男性がロング丈を着るポイント

ポイントをまとめると大きく3つです。

  • ひざ下丈を選ばない
  • 細身のパンツを合わせる
  • キレイ目にコーディネート

他にもテクニックはありますが、この3つを意識すれば小柄でもかっこよく着こなせます!

では1つずつ解説していきます。

ひざ下丈を選ばない

低身長の方はひざ下丈を着るとどうしても身長が低く見えてしまいます。

丈はひざにかからない程度からからひざ上10cmほどが理想です。

逆に短いと、ロング丈の魅力である上品さ、大人っぽさがなくなり若く見えてしまいます。

細身のパンツを合わせる

上半身にボリュームが出るロングコートは、細身のパンツと合わせることで上下にメリハリをつけましょう。

全体の印象が引き締まって見えることは小柄男性にとってとても大切です。パンツのボリュームを抑え視線を上にくるようにすることで、身長を低く見せないようにできます。

細身が苦手な方でも、紺や黒のパンツを履くと引き締まって見えます。

ストールや帽子を入れ首上にボリュームを作るのも身長をカバーするのにオススメです。

キレイ目にコーディネートする

基本的に幅広くコーディネート出来るのですが、身長の低い方がカジュアルな格好をするとより若く、または子供っぽいイメージになるので、キレイ目に寄せていくのが無難です。

カジュアルアイテムは1,2点入れるくらいにするとちょうどいいでしょう。

コートスタイルに限らず、キレイ目コーディネートがオススメです。

シングルトレンチ風スプリングコートのコーディネート集

私服で着るなら、基本的にボタンは留めず前は全開けでいきましょう。

コートのカッチリした印象を抑えて軽さを出して着るのがポイントです。

シンプルにあわせて大人っぽく着こなしましょう。

オーソドックスな冬のカジュアルスタイル

首回りのボリューム感のあるタートルネックや、パーカー、モックネックなどのアイテムとシングルトレンチコートのようなロングコートの相性は抜群です!

また、首回りにボリュームを作ることで、上半身に目線を移すことができ、身長カバーファッションとしてもおすすめです!

ジーンズにタートルネックのセーター、その上にトレンチコートを羽織るだけで、オーソドックスな冬のカジュアルスタイルに!

タートルネックセーターの色を黒やネイビーに変えたり、パンツを黒や白に変えたり、靴を革にするなどこのスタイルをベースに、1部を変えるだけで様々なスタイルにする事ができます!

あなたの冬のベーススタイルとして一番やりやすいシンプルなコーディネートです!

楽に決まるカットソースタイル

カットソーの上にシングルトレンチコートを羽織っただけのシンプルなスタイル。

インナーの色はコートかパンツに合わせるようにしましょう!

写真のように黒でインナー、パンツ、靴を統一するとドレスっぽい雰囲気になるのでおすすめです!

パーカーで首まわりにボリューム感を

秋冬の着こなしで季節感を出せるのが首まわりです。

ストールを巻くと秋や冬を感じるように、首回りにボリュームを作ることで秋冬の季節感を出すことができます。

また首回りにボリュームを出すことで人の視点を上半身に集めることができ、身長をカバーができるという効果もあり、小柄体型の人にはオススメのテクニックです!

ストールなどを使わなくても首回りにボリューム感を作れるアイテムこそがパーカーです。

パーカーで首まわりにボリュームを作って季節感を出しながら、身長をカバー、トレンドのチェックパンツを同色であわせてダークトーンの中にアクセントを!

パーカーをタートルネックやモックネックに変えると、また大人っぽく雰囲気になります。

ネイビーでアズーロ・エ・マローネ風に!

「アズーロ・エ・マローネ」とは、イタリア語で「アズーロ(空色、つまり青)」「マローネ(栗色、つまり茶色)」を意味していて、言葉が示す通り「青と茶の色あわせ」のことです。

決まった色の青と茶ではなく、淡い色から濃い色まで幅広い組み合わせを指します。

イタリア男の鉄板、王道と言われるファッションです。

カーディガンとパンツ、インナーにネイビー、アウターと靴にブラウンを取り入れたスタイル。

ラフにならないようパンツと靴にドレス寄りのアイテムを入れながら、カジュアルな印象に仕上げてみました!

キレイ目スタイルをコートでカジュアルに!

シャツにネクタイと黒パンツのドレスな雰囲気をコートでカジュアルダウンすることでバランスのとれたスタイルに仕上げています。

ジャケット感覚で羽織るだけの簡単な合わせ方なので普段シャツにネクタイやジャケットを愛用している人などドレスファッションが好きな人におすすめのコーディネートです!

写真はネクタイを赤系の色にして秋の季節感を取り入れています!

カーキと相性のいい白で上品に

カーキ×ホワイト、ブラウン×ホワイトの相性はとても良く、上品に見えます。

カジュアルアイテムとして白の生地感のあるニットジャケットやカットソー、パンツを取り入れることでドレスに寄せながらも決め過ぎず、抜け感を演出!

ニットをオフホワイトにすることで奥ゆきのあるスタイルに仕上げました。

白スニーカーの相性もピッタリで、コートを脱ぐとリゾートスタイルに!

この冬はシングルトレンチコートにチャレンジ!

いかがでしたか?

ロング丈はひざ上の丈感のものを選んで、細身のパンツで合わせるのがベストです!

シンプルに着られて体型も隠してくれるロングコートは小柄男性の必須アイテム!

特に小柄男性には大事な大人っぽさを演出するのに大活躍!

この冬、是非チャレンジしてみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*