低身長メンズあるある職場編1「見えるのはいつも背中」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
低身長あるある 職場編1

こちらの企画はモデルを努めているアーティストのTAKUMAさんがお届けする低身長男性のあるあるです。

小さいサイズファッションブランドRetropics.モデルがお届けするあるあるマンガ3作連載企画

普段人に言うことのない日常のあるあるを3作お届けする企画です!

低身長メンズならではの他の人と話す機会もない低身長メンズの世界を、モデルを努めているアーティストのTAKUMAがお届けします。

人気だったら、定期化する予定です!

皆さまからのこんなあるあるよという方は、ぜひ下のコメント欄またはRetropics.TwitterにDMしてください!
お待ちしております!

こんにちは!
レトロピクスモデル兼アーティストのTAKUMA@です^-^

レトロピクスのモデルで、本職はアーティストをしています!
普段人に言うことのない日常のあるあるをお届けします。
よろしくお願いします!

この記事を書いた人

アバター

TAKUMA @tkm159159
アーティストやイラストレーター等、多方面に顔を持つRetropics.モデル。2021年2月に1stミニアルバム「Freedom Planet」をリリースしました。「いろんな顔を持つ僕だからこそ届けられるものを発信したい」と想い幅広く活動中。身長159cm / 体重54kg。

低身長メンズあるある職場編1「見えるのはいつも背中」

4コマ 低身長

特に男性同士となると大きく身長の差があり、10cm以上高いのが当たり前だったりします。そのせいで、並んでるシチュエーションになるとなかなか前が見えない、ということが起きています。

大事な会議、学校の板書、映画館、見る必要があるときに見えなくて困ります。背伸びしたり、首伸ばしたり、一瞬で見て記憶したりとそれぞれなんらかしらの対応をしていると思います。

「ぼくはいつも横からのぞいてました。普通の多数派ですね。」
(TAKUMA)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

日本初のXSサイズ専門店
Retropics.のオンラインショップ

XSサイズ専門メンズブランド『Retropics.(レトロピクス)』は、小柄で低身長な男性に”感動のフィット感”を提供しています。

・どこにも自分の体に合うサイズ感の服がない!
・丈が長い!袖が長い!肩も落ちる!
・レディースでも子供服も嫌だ!

そんなあなたにオススメのアイテムを揃えています。
10周年を迎える日本初のXSサイズ専門メンズブランドです。


公式ショップを見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*