ショート丈のアウターはこう着ればいい。カジュアルなボアジャケットコーデ

カジュアルアウターとして人気の高いボアジャケット。

カジュアルファッションでは王道と言えるアメカジスタイルにもぴったりで、幅広くコーディネートをすることができます。

また高い防寒性があり、インナーの合わせ方で真冬でも活躍する秋冬アウターです。

そんなボアジャケットはご覧の通りショート丈のモノが多く、短く着るものです。

しかし、着方によっては野暮ったく見えてしまいがちなアイテムです。

こういったショート丈のものは、着方がとっても重要なんです!

そこで今回は、ボアジャケットのかっこいいコーディネートの仕方をご紹介します!

 

ボアジャケットとは

襟元や裏地、表面などにボア素材(羊の毛の様にモコモコしたワタの集まり)を採用したアウターのことです。

ボア特有のモコモコとした素材感と高い防寒性が特徴で、秋冬の定番アウターのひとつとして人気があります。

取り入れるだけで季節感のあるおしゃれな着こなしになるのがボアジャケットの魅力です。

デザインもフリースやブルゾン、そして組み合わせ素材もデニムやコーデュロイと種類も実にさまざまです。

レトロピクスのボアジャケットは、デザインのベースがデニムジャケットで着丈が短くなっています。

なのでライダースの雰囲気があり、ブルゾンが好きな人などにぴったりなカジュアルアウターになっています。

無骨な印象も作れるので、ぜひ参考にしてみてください!

【Retropics.】ボアジャケットコーディネート4選

白シャツコーデ

アースカラーコーデに白シャツを合わせるのは定番のひとつ。

アースカラーは無骨感が強くなりがちです。今回は、白シャツと革靴を合わせることでキレイめにしました。

XSサイズのボアジャケット
合計:¥71,600(税別)
アウター¥29,000/シャツ¥17,800/パンツ¥24,800/+α

黒のバイカラー(2色)コーデ

アウターの中に合わせるアイテムを黒にまとめて、無骨感のある男らしさのあるコーディネートにしました。

ショート丈を着るときは、中の着丈が長いものは避けましょう。

中が長いとバランスが悪く、かっこ悪く見えます。

なので、羽織っているものから少し出るくらいか同じくらいにしましょう!

このコーディネートは、スラックスとスニーカーを組み合わせてカジュアルの中にもキレイめを意識しました。

ちなみにアイテムを、黒のカジュアルパンツとブーツに変えるとライダースコーデになります。
ボアジャケット 小柄男性
合計:¥71,600(税別)
アウター¥29,000/カットソー¥13,500/パンツ¥18,000/+α

セーターコーデ

ボアジャケットの多くは襟にボアがあるので、首周りがスッキリした印象のVネックのカットソーやセーターと相性がいいのでオススメです!

首を見せると大人っぽい印象になります!

こちらはセーターを主役に、セーター以外をワントーン(茶系)にコーディネートしました。
ボアジャケット メンズXSサイズ
合計:¥47,000(税別)
アウター¥29,000/パンツ¥18,000/+α

ネイビーブラウンコーデ

よく紹介して取り入れているアズーロ エ マローネ(紺と茶の色合わせ)のコーディネートです。

上を茶系のカジュアルアイテム、下を紺のドレスアイテムにしてカジュアルとドレスをミックスしつつ、ブーツを入れることでライダースの要素を足したました!
ボアジャケット XSサイズ
合計:¥29,000(税別)
アウター¥29,000/+α

まとめ

いかがだったでしょうか?

定番から少し攻めたものまで紹介しました!

どのコーディネートでも、中の着丈を合わせるのがポイントです!

ショート丈アウターの中は、アウターから少し出る程度か同じ丈を合わせましょう!

長くても短くてもバランスが悪くかっこ悪くなるので気をつけましょう。

関連ボアジャケット(ブラウン・XSサイズ)の商品詳細を見る

この記事を書いた人

伊藤 雄基

伊藤 雄基

『Retoropics.(レトロピクス)』の専属モデル兼店長。身長158cm体重50〜60kgを推移中。
低身長の悩みとアパレル販売の経験を活かせる環境としてレトロピクスにジョインし、小柄男性が豊かに過ごせる世の中に向けて活動。
ボディメイクでは、マッスルコンテストフィジークノービス3位入賞の実績。