送料一律化のお知らせ

※この記事は先日Facebookで投稿した文章をそのままコピペしています。

メンズXSサイズ専門ブランド『レトロピクス』の林です。

11月から送料を一律864円にすることにしました。
お客様にはご理解の程をよろしくお願い致します。

送料均一化の背景

背景には2つの要因があります。

①配送料の値上げ
②地方のバラつきの大きさ

全国的に配送料が値上げの動きがあるのはニュースでもご存知かもしれませんが、
特に激しい値上げが、北海道と沖縄です。

現状の配送料は、
東京:750円
沖縄:2310円

です。

すごい値段の差だと思いませんでしたか?
沖縄は東京より1560円も高いのです。

ちなみに、この値段は配送業者に支払っている原価です。

ボクも「え?沖縄の送料おかしくないっすか?」と聞きましたが、
「しょうがないから受け入れてくれ」の一点張りでした。

東京などの都心は、便利で、仕事も多く、所得も高いです。
一方、沖縄をはじめとした地方は、都心と比べると、不便で所得も低いです。

人口の減少などの問題も深刻です。

【都道府県別平均年収(男性)】
東京:527万円
沖縄:394万円(-133万円)

地方の下支えがあっての都会であり、
社会は全体最適で俯瞰すべきだと思っています。

さすがにこの送料のしわ寄せは経済合理主義過ぎる感じており、
沖縄のお客様からの購入があるたびに心が痛い思いがありました。

「配送」は社会のインフラであって、ビジネスに寄り過ぎるべきではない。

配送会社が苦しいのはわかるが、偏りが激しすぎる。

これは「配送」以外でも、あらゆるところで感じることです。

地方経済をもっと支えないと、日本が合理主義のつまらない国になってしまいます。
(以前営んでいたビジネスでも「地方割」など導入していました)

そこで、都心の皆様にお願いです

一律の送料にご理解いただき、地方の方々を少し援助しませんか?

送料を864円にすると、
本州の方々からは平均すると+100円をお預かりすることになります。

その分を地方への配送料の補填に回させていただきます。

本州で15名ご購入頂いたら、沖縄・北海道の方1名分が補填できます。
足りない場合は当店で負担します。

この料金体系を導入できれば、
本州の方には若干コストアップになってしまいますが、
地方の方には大きなコストダウンになります。

そして、たぶん当店は赤字になります(笑)

より気持ちの良いお店づくりをしていけたらと思っておりますので、
ご理解いただけましたら幸いですm(_ _)m

この記事を書いた人

アバター

林 周平

小柄・低身長な男性のためのメンズXSサイズ専門ブランド『Retoropics.(レトロピクス)』の運営責任者。表参道在住の食いしん坊。コンサルティング会社を創業、売却を経て、個人的な服の悩みからアパレル業界に参入。自称ポジティブな小柄男。