165cm以下の男性必見!低身長メンズのモッズコートの着こなし方

低身長メンズ必見!モッズコートの着こなし方

メンズのアウターとして定番になっているような男らしいアウターであるモッズコート。

アメカジを軸とするメンズカジュアルのアウターとして知られています。

そんなモッズコートをおしゃれに着こなしたいと思う小柄男性は多いのではないでしょうか?

RetroPics.で低身長男性設計の低身長男性のためのモッズコートの登場もあって、気になる人は多いと思います!

そこで今回は低身長の男性がモッズコートをおしゃれに着こなすポイントをご紹介いたします!

モッズコートとは?

モッズコートwidth=
名前はよく聞いたことがあるけどモッズコートってなんなのか実際は曖昧ではありませんか?

モッズコートとは、1950年代に採用されたアメリカ軍の極寒防寒のパーカーのことです。
正式名称は、アメリカ軍への物資調達時に使用されるMIL規格にて規定された「PARKA SHELL M-1951」というそうで、「M-51」の名称で呼ばれています。

特徴はフィッシュテールと呼ばれる燕尾服のような先割れになった後ろの裾です。
他にも様々なディティールがあります!

このM-51がモッズコートと呼ばれるアウターです。
最近では丈の長いミリタリーコート全般をモッズコートと呼ばれるようになり、M-51のミリタリーの意匠が簡略化されシンプルなものも多くなりました。

ちなみにアメリカの軍服として有名なモッズコートだが、実は「モッズ」と言う言葉の由来はイギリス。モッズ(Mods)とは、1960年代にロンドンの若者の間で流行した音楽やファッションをベースにしたライフスタイルやカルチャーのことです。

モッズには深夜のクラブでダンスやファッションを楽しむ文化があり、カジュアルな言い方をするとイギリスの「不良文化」の一種です。

お金がない若者は、米軍払い下げのコートを安く手に入れ、好んで着用していたことから、モッズコートと呼ばれるようになりました。

低身長男性にモッズコートは似合うの?

しかしモッズコートは低身長の男性には似合わないと聞いたことがありませんか?

そんなことはありません。

それはモッズコートが低身長にNGと言われる2つの理由にあります。
それは

サイズが大きめだから
着丈が長いから

しかしこれらは低身長が理由だからではありません!
低身長の男性にジャストサイズのモッズコートがないことが原因です。

市販のモッズコートは160cm前後、160cm以下の男性にとってとても大きいサイズ感となっており、低身長の男性には似合わないばかりです。

つまり低身長の男性にジャストフィットするサイズのモッズコートがないことが、似合わないと言われている原因であって、モッズコートそのものが似合わないことではありません!

ジャストフィットするモッズコートであれば低身長の男性にも似合います。

ジャストフィットを見分けるポイントは、

着丈が膝より上、長くてもひざにかかる位まで
袖丈が余らない
肩が落ちすぎない
お腹より下の身頃がぶかぶかしていない

です。
肩幅について補足ですが、M-51は肩が少し落ちた丸みのあるシルエットのため、肩は少し落ちていてもOKです。

なおシャープなシルエットで肩がジャストの位置で着こなすよう作られているデザインのモッズコートもあるので、どんなデザインなのか購入前に確認するようにしましょう!

ではこれを踏まえた上で、低身長の男性がモッズコートを着こなすポイントをご紹介いたします。

低身長の男性の着こなしポイント

必ず細身のパンツを合わせる

ポイント1. 低身長の男性は細身のパンツを合わせる
これは低身長男性のファッションほぼ全てにおいて重要なポイントで、モッズコートを着こなす上でも非常に大事なポイントです。

太もも以上ある着丈とボリュームあるシルエットで存在感の強いモッズコートには、細身のパンツを合わせることによってバランスの良いコーディネートにまとまります。

細身のパンツはスラっと縦長に見え身長を高く見せる効果が期待できるため、着丈のあるモッズコートを着る上で絶対に取り入れたいポイントです。

足の太さに関わらず、スキニーパンツ、テーパードパンツなどシャープに見えるパンツを合わせることが大事です。

スラックスなどドレスパンツを合わせれば大人っぽいキレイめな印象にすることができます。

ドレスアイテムとコーディネートする

ポイント2. 低身長の男性はドレスアイテムとコーディネートする
モッズコートは、チェスターコートやステンカラーコートといったアウターと比較するとカジュアル度が高く、清潔感がやや見劣ります。

清潔感はメンズファッションにおいて絶対におさえておくべきポイントで、低身長の男性が大人っぽい印象になるためにもおさえておかなければならないポイントです。

そんなモッズコートは、ドレスアイテム(キレイめ)を合わせるとコーデが好バランスにまとまります。細身のドレスシャツやスラックス、ハイネックのセーターといったアイテムで強弱をつけるとこなれた印象になります。

イメージしずらい、迷ったりする方は最初モッズコート以外をドレスアイテムで合わせてみてください。

アイテム同士のバランスがかけ離れているので似合わなそうに感じる方も多いかもしれませんが、ミリタリーアイテムとジャケットやスラックスなどドレスファッションは相性が良いです。

アウターの中に着るアイテムも細身、ジャストフィット

ポイント3. 低身長の男性はアウターの中も細身、ジャストフィット
ある程度身体に沿うようなジャストフィットするトップスを合わせましょう。

モッズコートはそのシルエットと相まってボリュームのあるアウターです。
そのためにアウターの中に着る服も身幅が広すぎると、全体がぶかっとしたカジュアルでだらしない印象になってしまい、低身長男性の悩みである子供っぽい印象まで強く与えてしまいます。

ボリュームのあるアウターに引き締まって見えるトップスを合わせてメリハリを作ることでスタイルをよく見せることが出来ます。

また体型が気になるという方でも、モッズコートとトップスのメリハリが体型をカバーしてくれるので積極的に取り入れたいポイントです。

色数は少なくシンプルにまとめる

ポイント4. 低身長の男性は色数少なくシンプルにまとめる
色数を少なくまとめた方が小柄男性に似合います。

色数が多くなるとアウター、トップス、ボトムス、靴と見ている人の視線が散りパーツが独立して見えてしまい、身長が高い印象が生まれません。

なので低身長の男性は色数を絞ることが着こなすポイントになります。

色は「ベースカラー+1色」がコーディネートしやすく、また手軽に洗練された印象がアップします。
カーキのモッズコートなら「カーキ+1色」
ブラックのモッズコートなら「ブラック+1色」

といったイメージです。
3色以上は大人っぽさが薄れ、スタイルアップや身長高く見せることが難しくなるので避けたほうが無難です。

トップスやボトムスは無地のものを基本に、重ね着も抑えめにするときれいな印象に仕上がります。

黒やグレーなどモノトーンでコーデしてもしっかり決まるので、コーデに迷う方はモノトーンから始めて見るのがおすすめです。

スタイルアップするなら黒を合わせる

アウターの中のインナーであるトップスとボトムスを黒色に合わせて体を縦1本のラインに見せることで、コーデ全体が引き締まり身長を高くスマートに見せられます。

黒が一番効果ありますが他の色、ブラウンやネイビーでも◎

またミリタリーアイテムのによくあるオリーブグリーンの色味は黒と相性が良くモダンな印象をプラスしてくれるのでおすすめの配色です。

低身長の男性が避けたいポイント

ミリタリーアイテムでコーディネートする

NG1. 低身長の男性はミリタリーアイテムでコーディネートしない
ミリタリーテイストが濃いと男性らしいかっこいいコーディネートを楽しむことが出来ますが、低身長の男性がするとミリタリーの強いカジュアルに引っ張られ子供っぽい印象が強くなってしまいます。

迷彩柄やワークシャツといった他のミリタリーアイテムを使わずに、キレイめなカットシャツやハイゲージのニットで上品なスタイルとして使うのが小柄男性がおしゃれに着こなすコツです。

子供っぽく、身長が低く見られてもいい、純粋にミリタリーファッションを楽しみたいという方以外は避けることをおすすめします。

太いパンツを合わせる

NG2. 低身長の男性は太いパンツを合わせない
最近のトレンドですが、太いパンツ(ワイドパンツ)そのものが低身長の男性には似合いません。

腰から下のボリュームが大きく目立ってしまい、どうしても身長が低くそしてスタイルが悪く見えてしまいます。

組み合わせ自体はリラックスした雰囲気があっておしゃれですが、低身長の男性はスタイルが悪くなってしまうので避けたほうが無難です。

オーバーサイズのモッズコート

基本的に低身長の男性にはオーバーサイズのファッションはおすすめできません。

着られている印象を強く与えてしまい、服と対比して体が小さいと見えてしまうのです。

はっきりと身長が低く見えます。

身長が低い人のオーバーサイズファッションは、オーバーサイズなのか着られているのか見てる人はわかりません。
ですがサイズの大きい服を着ている印象だけは間違いなく伝わるため、スタイルがよく見えることはなく、身長が低い印象が相手に残ります。

洋服で低身長をカバーしたいと思う方は絶対に避けましょう。

RetroPics.モッズコートを使ったコーディネート

メンズ小さいサイズ専門ブランドRetroPics.のモッズコートを使って、低身長男性の着こなし術を取り入れたコーディネートを紹介いたします!

カーキ

黒でまとめた簡単モノトーンコーデ

黒Tと黒パンツを合わせたシンプルかつ男性らしいコーディネート
丸首カットソーがこなれた印象の簡単かつキレイに見えるおすすめのコーディネートです。
トップスとパンツが黒の引き締まった一本のラインになりスタイルをよく見せることができ、シンプルで男性らしさのある組み合わせ。

ドレスライクな着合わせ

ベーツを黒にドレスアイテムでまとめたーコーデ。サックスのシャツが差し色担っているのもポイント
スラックス+Vネックセーター+シャツでドレスライクにまとめたコーディネート。
Vネックからのぞく差し色のサックスが清潔感をUP。顔の近くに差し色を置いていることで視線を上に集めて身長もカバー◎。

季節感◎の暖ったかコーデ

ポイント4. 低身長の男性は色数少なくシンプルにまとめる
ウール素材をグレーのワントーンで合わせた冬にピッタリのコーディネート。
モッズコートとタートルネックは相性バツグン。オリーブ系の色はグレーとも相性がいいのでメンズらしさを抑えたい場合におすすめです。
またタートルネックは顔周りにボリュームを作るので身長もカバーできる低身長メンズの味方。

ブラック

白のクルーネックで軽快に!

白と黒のモノトーンでまとめたコーデ。モッズコートに清潔感がプラスされた印象に
白のクルーネックの上に羽織るだけのシンプルなコーディネート。
モッズコートの無骨さを感じさせない軽快な印象がこなれ感をプラス。
春なら白のカットソー、秋なら白のニットで季節ごとのファッションを楽しめます。

ドレス(白シャツ、グレーパンツ)

黒とキャメルどちらも映えるコーディネート
黒とキャメルのどちらも映えるコーディネート。
コートONで無骨感あるコーディネート、コートOFFでやさしい印象に。キャメルは女子ウケも◯。

低身長男性のためのRetroPics.モッズコート

メンズ小さいサイズ専門ブランドRetroPics.が作った低身長男性のためのオリジナルモッズコート
Retropics.は”小柄男性の個性”を活かし、自分らしく自信をもった日々を過ごせる服をお届けする、メンズ服の小さいサイズ(XXS・XS・XSサイズ)を専門に取り扱うメンズファッションブランドがオリジナルで作ったモッズコートです。

取り外しできるインナー(ライナー)付きで、着脱することで春、秋、冬の3シーズン使えるアウターとなっています!

小柄男性の体型から設計されたこのモッズコートは、身長が低い男性にジャストフィットします。
150cmから165cmの男性にフィットするサイジングとディティールはRetroPics.のモッズコートだけ!

2021秋に発売され非常に人気のアウターです。

モッズコートをお探しの小柄な男性はぜひ試してみてください!

詳細は商品ページをご覧ください。

試着サロン

メンズ小さいサイズ専門ブランドRetroPics.の商品を試着することができるサロン
RetroPics.は通販ブランドですが、東京日暮里に商品を試着することができるサロンをご用意しております。

RetroPics.の全商品を試着することができる予約制の無料サロンです。

全商品ご用意しておりますので夏に冬物、冬に夏物も試着ができます。

これまでサイズがなくお買い物で失敗してきた経験など、試着せず購入することはとても不安だと思います。

そんな方はぜひこのRetroPics.試着サロンで本当のメンズ小さいサイズを試着しにいらしてください。

低身長男性の体型から作る本当のXXS、XS、Sサイズの洋服があなたをお迎えいたします。
ご利用お待ちしております。

試着サロンの詳細はこちらをご覧ください。

ご予約は試着サロンページから可能です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

低身長の男性がモッズコートを着こなすポイントとしては、

・ドレスアイテムでコディネート

・細身のパンツ

・色数は少なく

です!

これらを守れば、モッズコートの着こなせます!

モッズコートは秋から春にかけて長く使えるアイテムなので、コーディネートに迷ったらぜひコチラを参考にしてください!

この記事を書いた人

伊藤 雄基

伊藤 雄基

『Retoropics.(レトロピクス)』の専属モデル兼店長。身長158cm体重50〜60kgを推移中。
低身長の悩みとアパレル販売の経験を活かせる環境としてレトロピクスにジョインし、小柄男性が豊かに過ごせる世の中に向けて活動。
ボディメイクでは、マッスルコンテストフィジークノービス3位入賞の実績。