夏のキレイめ定番アイテム。大人っぽく仕上げるサマージャケット

薄着になる夏は、大人っぽく見せるファッションが難しくなる季節です。

それは小柄な人にとって子供っぽく見えてしまうファッションに陥りやすくなり、そうならないためにもより着こなしが大事になってきます。

しかし、夏にも簡単に大人っぽくできる便利なアイテムがあります!

それがサマージャケットです!

そうです!夏でもジャケパンスタイルができる優れものなんです!

また風よけになるので夏の冷房が苦手な人にオススメ!

今回はサマージャケットコーデと、より夏らしくする着こなしをご紹介します!

より夏らしい着こなしのポイント

1.明るい色を合わせる

夏らしく着こなすポイントはズバリ『軽さ』

濃い色は重く、明るい色は軽い印象を与えます。

ちょっと難しい話ですがここでいう明るい色とは赤や青などの原色というのではなく、明度の高い色のことです。
イメージで言うと少し白を混ぜたような色という感じです。

このようなブライトトーン(ビビッドカラーに少し白を足したような)と呼ばれる色がいいでしょう。

原色は使い方を誤ると子供っぽくなるので、避けるのが無難です。

2.くるぶし丈のパンツをはく

足首を見せたコーディネートは軽さが生まれ開放感ある印象になります。

9分丈パンツとフルレングス

ロールアップして少し見える程度でOK!
7分丈は低身長の人がはくとかえってかっこ悪くなりやすいので、避けるのが無難。

苦手な人も多いと思いますが、雰囲気が変わるのでチャレンジしてみましょう!

サマージャケットコーデ

定番はこれ!明るくシンプル夏コーデ

低身長 サマージャケット

夏のドライブに!海が似合うリゾートコーデ

小柄 サマージャケット

街着にピッタリ!涼しさ感じるマリンコーデ

XSサイズ サマージャケット

遊び心を入れる。バンドカラーでキレイめコーデ

メンズXS サマージャケット

夏のジャケットコーデは軽さを出すのがポイント!

いかがだったでしょうか?

そのまま着ちゃうと夏らしい素材のジャケットでも、春や秋と変わらない印象になってしましがち。

だからこそアイテムだけでなく着こなしに差をつけて、他の季節と同じ印象にならないようにしましょう!

個人的には、ハーフパンツのセットアップをびしっとキメてローファーを履くのをオススメしたいところですね!
ハーフパンツは若く見えてしまうアイテムですが、あえて選んだ上で上品に着たら「オシャレさん」待ったなしです!

サマージャケットを普段のコーディネートに入れると、今よりも夏のコーデパターンがぐっと増えちゃいますよ!

低身長の強い味方『ジャケット』を夏にも取り入れてみませんか?

この記事を書いた人

伊藤 雄基

伊藤 雄基

『Retoropics.(レトロピクス)』の専属モデル兼店長。身長158cm体重50〜60kgを推移中。
低身長の悩みとアパレル販売の経験を活かせる環境としてレトロピクスにジョインし、小柄男性が豊かに過ごせる世の中に向けて活動。
ボディメイクでは、マッスルコンテストフィジークノービス3位入賞の実績。