春コーデの主役はジャケットできまり。小柄男性のためのジャケットコーデ特集

春に近づくにつれ暖かくなってきましたね!

街を歩く姿のなかにもすこしずつ軽い装いの人が増え、春服がちらほら見え始めてきました。

毎年の衣替えの季節は楽しいものです!^_^

実際に衣替えするタイミングは気温の変化があるのでなかなか難しいですが、その前には用意しておきたいものですね。

一般的にアパレルでは春物は1月からなので、3月までには準備しておきたいものです。

でも考えてみると春服ってけっこう難しくないですか?

気温の変動が大きかったりとか日差しは暖かいけど風は冷たかったりなどなどあったり、どんな素材を選べばいいのかなど悩みますよね。

たとえば花見のときに夜が冷え込んで寒かったなんて経験をしたことある人は多いんじゃないでしょうか?
じじつ3月の平均気温は12月と、4月の平均気温は11月と同じくらいと言われるくらいですからね。

そこで薄着から重ね着まで楽しめる春服を「ジャケット」「アウター」「薄着」編に分けてご紹介したいと思います!

今回は「ジャケット」編、ジャケパンご紹介です!

春にコーデに意識したいポイント

1.オススメはコットン素材!


やはり春の定番素材といえばコットン(綿)ですね!

シャツならオックスフォードシャツ、カットソーならしっかりした生地のモノ、スプリングアウターなどなどです。
アウターだとナイロンもありますよ!

オールシーズン着られるコットンを春物に取り入れましょう!

2.明るい色をとりいれよう!


爽やかな季節の春には明るい色がぴったりで、また爽やかな印象には欠かせません!

グレーでも明るめのグレー、ネイビーも青に近めを選ぶなど、定番カラーもワントーン明るめをチョイスしましょう。

春といえば淡い色(ペールトーン)のシーズンで人気があるので、ぜひ挑戦してみてください!
【春コーデ】薄着編(仮)でご紹介予定です!^_^

原色はかえって夏のイメージになるので注意です。

3.重ね着はボリュームを抑える!

重ね着は2つまでがベターです。

春にボリュームのあるコーデは重く見えてしまい、さわやかさと軽快さが失われてしまいます。

厚手を着たいときはアイテム数を抑える、ジャケットの上にアウターを羽織るときは薄手を選ぶようにするのがポイントです。

春のジャケットコーデ

爽やかな春のメンズコーデ

春で、そして爽やかの定番といえば紺ジャケ!!

そして白シャツですよね!!

春は明るい色を取り入れていきたいので、明るめのグレーパンツで!


合計:¥86,600(税別)
ジャケット¥44,000/シャツ¥17,800/パンツ¥24,800/

小柄でもキマる!ラグカジコーデ

白アイテムが苦手な人でもコーデしやすく、濃い色をベースにしました!

紺×茶は「アズーロ ヱ マローネ」と呼ばれるイタリアの定番配色。

ジャケットを軸にして作ることが多いですが、ホワイトジャケットにすることでラグジュアリーに仕上げます。


合計:¥76,300(税別)
ジャケット¥39,800/シャツ¥18,500/パンツ¥18,000/

大人のキレイめストリートコーデ

たまのカジュアルスタイルに、スタイリッシュのストリートコーデはいかがですか?

中の白Tがコーデをワンランクアップさせてくれます。

カジュアルもキレイめにすして、周りと差をつけよう!

春コーデ 低身長男子

合計:¥69,300(税別)
ジャケット¥37,800/カットソー¥13,500/パンツ¥18,000/+α

まとめ

いかがだったでしょうか?

ジャケット編は濃い色多めでお送りしました!(明るい色って言ったのにすみません!)

春はテーラードジャケットが人気なスタイルなので、ぜひ取り入れてみてください!

それではポイントのおさらいです!

1.コットン素材を選ぼう
2.明るい色をいれよう
3.重ね着は抑えめに

春は始まりの季節!

日差しの似合う爽やかな男性は魅力的に映るものです!

この機会にファッションの新しいチャレンジしてみるのも面白いですよ!

小柄男性におすすめの春コーデ特集!【アウター編】に続く!!

この記事を書いた人

伊藤 雄基

伊藤 雄基

『Retoropics.(レトロピクス)』の専属モデル兼店長。身長158cm体重50〜60kgを推移中。
低身長の悩みとアパレル販売の経験を活かせる環境としてレトロピクスにジョインし、小柄男性が豊かに過ごせる世の中に向けて活動。
ボディメイクでは、マッスルコンテストフィジークノービス3位入賞の実績。