今日は何を着よう?服装は気温で判断すると失敗しない!

気温別最適な服装を解説

毎日のように気温が変わる季節の変わり目は、洋服選びの悩みが多い時期です。

外に出てから、思ったより暑かったり寒かったりすること、よくありますよね。

でも実は、その日の気温を目安にしてちょうどいい服装が分かるんです。
知ってるだけで洋服選びがランクになる、便利な気温別のファッションをご紹介いたします。

気温別ファッションの目安

ここで考える気温は、最高気温になります。

外出している時間を目安にするのがベストですが、おおよそ日中であることが多いと思いますので最高気温でご紹介いたします。

26℃以上|汗ばむ暑さ

外に出ると、日差しが暑く歩くだけで汗ばむ気温なので、トップスは半袖1枚がちょうどいいです。

屋内にいることが多い日は7分袖や薄手の長袖でもいいでしょう。
冷房が効いていて肌寒いことがあるので、寒いのが苦手な方は長袖を着るか持ち歩くのがおすすめです。

半袖の白Tシャツに無地のシャツを羽織って、グレーやブルーのデニムを合わせれば夏らしく爽やかなキレイめコーディネートが完成するので、涼しさとおしゃれの両立にこだわって着こなしましょう。

半袖シャツ メンズXS
白とターコイズブルーで見た目も涼しいコーディネート。一緒にいても暑さを感じさせない。

メンズXS ポロシャツ
はずさない定番。パンツをくるぶし丈にして軽く見せて涼しげに見せているのもポイント。

21~25℃|快適な気温

風が吹くと涼しく感じる、半袖と長袖に分かれる気温です。

外出している時間が多いようであれば、半袖の上に長袖シャツ1枚でのコーディネートやに長袖を着るコーディネートが良いでしょう。

春であれば、白Tシャツに水色のストライプのシャツを羽織って、黒パンツを合わせたコーディーネート。
秋ならば、長袖Tシャツに薄手のカーディガンを羽織るだけで季節感のあるコーディネートになるのでおすすめです。

小柄 春コーデ シャツ
春のメンズの定番コーディネート。水色シャツが爽やかで快適な気温にぴったり。

ニット 秋コーデ
春でも秋でも着られるカーディガンコーディネート。定番色コーデは季節に左右されず着られて便利です。

16~20℃|少し肌寒く感じるかも

日差しがない日は日中でも肌寒く感じることのある気温です。
同時に重ね着ができるのでファッションを楽しめる気温でもあります。

薄手の服では寒いと感じるので、ニットやジャケットなどを羽織るのがちょうどいいでしょう。

例えば、長袖Tシャツの上にテーラードジャケットを合わせるとキレイめコーディネートになります。
テーラードジャケットは着回しがしやすく羽織るだけでキレイめファッションになるのでおすすめです。

低身長 黒ジャケット コーデ
白Tとジャケットにデニムを合わせた爽やかなコーデ。黒ジャケットに明るい色を合わせて軽くしてるのがポイント

低身長男性におすすめのコーデ「ニットとシャツのレイヤードスタイル」
ニットとシャツの重ね着で首周りにアクセント。身長を高く見せるポイントも◎。

9~15℃|冬物の季節

風が吹く日ははっきりと寒さを感じ、ニットやアウター、厚めのパーカーなど冬物の出番といった気温です。

インナーも薄手では心許なくなるので、しっかり衣替えをしておくのがいいでしょう。

長袖シャツを着てその上にウール素材のニットを合わせたり、薄めのコートに厚手のカットソーを合わせるなど冬に似合うコーディネートがおすすめです。
風を通さないアウターもあると、20℃までの肌寒い気温もカバーできるので一枚あると便利です。

低身長 春アウター
無骨な印象のMA-1に白シャツを合わせたキレイめコーディネート。

黒Tと黒パンツを合わせたシンプルかつ男性らしいコーディネート
防風性のあるロングコートにカットソーを合わせたコーディネート。中を黒にしてアウターを主役にしているのがおしゃれポイント。

5~8℃|本格的に冬

ウール素材や厚みのあるコート、ダウンを着たくなる気温です。

防寒着は必須となるので、アウター中心のコーディネートで考えていくのがいいでしょう。
防寒優先でおしゃれが後回しになりがちな季節でもあるので、ちょっと意識するだけで印象を変えられるます。

例えば、オフホワイトのタートルネックセーターにロングコートを合わせたり、ダウンにチェックシャツとキレイめパンツを合わせると、重くならずおしゃれな印象を与えられます。

低身長 マウンテンパーカー
ネイビーを基調にしたコーディネート。暖かいアウターもチェックシャツとネイビーでまとめることで重くならずおしゃれな印象に。

低身長 ダッフルコート
ネイビーと白の清潔感のあるコーディネート。厚めのニットと少し薄めのウールコートがちょうどいい暖かさに。

5℃以下|身に染みる寒さ

雪が降るような凍える寒さになります。

厚手のコートやダウンジャケットを着た上で、暖かい素材の服の重ね着も必要になってきます。

厚手のセーターにダウンジャケットを着たり、ウール素材のしっかりしたコートにマフラーを合わせたりと防寒をしっかりして、暖かみのあるコーディネートをしましょう。

低身長 チェスターコート
厚手のチェスターコートと厚手のタートルネックセーターで防寒◎。特に寒い日は手袋をすればバッチリ。

まとめ

いかがだったでしょうか?

季節の変わり目は、毎日気温が変わって服装が難しく、また気をつけないと体調を崩してしまう時期です。

気温にあった服装をして、おしゃれと体調管理をしていけると快適に過ごせるようになります!

どんな季節でも快適に過ごせるようになって、素敵な毎日をお過ごしください!

この記事を書いた人

伊藤 雄基

伊藤 雄基

『Retoropics.(レトロピクス)』の専属モデル兼店長。身長158cm体重50〜60kgを推移中。
低身長の悩みとアパレル販売の経験を活かせる環境としてレトロピクスにジョインし、小柄男性が豊かに過ごせる世の中に向けて活動。
ボディメイクでは、マッスルコンテストフィジークノービス3位入賞の実績。