低身長ぽっちゃりさんのお悩みをファッションで解決する!体型をやわらげる着こなしはこちら!

低身長だけでなく、体型でのお悩みはありませんか?

とくに年齢を重ねるとなりやすいぽっちゃり体型についてのお悩みは、多くの人が抱えると思います。

そこで今回は、ぽっちゃりさん、太っている低身長メンズ向けの体型カバーのコツを解説します。

痩せたいと思っている方はこちらの筋トレのやり方について紹介している記事もおすすめです。
合わせてご覧ください。

太っている人が持たれやすい印象とその理由

低身長の男性が幼い印象を持たれやすいように、ぽっちゃりさんも持たれやすいイメージというものがあります。

低身長のぽっちゃりさんは「低身長の印象+ぽっちゃりの印象」を与えやすいので、ファッションでこれらを払拭するのがポイントとなってきます。

まずはここを知るところから始めましょう。

だらしないイメージを持たれてしまう

体型維持ができない=自己管理ができないと判断されてしまいやすいです。

体型というのは食事や運動といった生活習慣でコントロールできることであるため、食欲に負けて食べてしまう、運動をしないといったイメージが付いてしまいがちです。

健康や見た目に気を使わない人と思われてしまいます。

暑苦しくいと感じてしまわれる

太っている人はそうでない人に比べ汗をかきやすく、他の人には快適な温度でも汗がだらだらと出てしまうことがあります。

そういった姿が暑苦しく見えてしまい、清潔感のある印象とはかけはなれてしまいます。

女性は清潔感がありさわやかな男性に好感を持つ人が多いので、好印象にはなりにくいでしょう。

努力できない人と判断されてしまう

ぽっちゃり体型を気にしない人またはダイエットに取り組んでいない人は、痩せるための努力ができない人と思われやすいです。

ダイエットは大変なものということは多くの人が知っていることですが、「そこを頑張れない人、向上心がない人」と判断されてしまいます。

女性は向上心がある男性に魅力を感じる人が多いです。また、男性もいざというとき頑張れない人は信頼しにくいと思いがちです。

ネガティブそうと思われてしまう

これは低身長にも言えることですが、自分の体型にコンプレックスを持っていると、嫌な経験をしたことがあると思います。

そういった経験のせいで自信を持つことができず、「身長が低いせいで」「太っているせいで」とマイナスの方向に考えてしまいやすくなります。

気持ちはよくわかりますが、ネガティブな人は好まれにくいです。

太っている低身長メンズのファッション最重要ポイント2点

低身長ぽっちゃりさんがおしゃれになるうえで絶対におさえなければならないポイントは2点。

いかなるメンズファッションにおいても重要なポイントですが、上記の印象をもたれやすいぽっちゃりさんにとっては、ここで印象のすべてが決まると言っても過言ではないほど重要になってきます。

人はどうしてもイメージや先入観に引っ張られてしまいます。

なのでここは必ずおさえましょう。

清潔感

どの分野においても男性にとって重要なポイントが清潔感です。

そして、ぽっちゃりな男性が絶対に外してはいけないポイントです。

この清潔感は太っている人が持たれてしまいがちな上記の印象を払拭し唯一のもので、体型カバーにおいても必須です。

この清潔感は服や靴、髪型、ひげ、お肌、爪、匂い、体型から生まれるもので、表現は少し異なりますが「健康的」に見えるかどうかで考えるとイメージしやすいと思います。

清潔感を手に入れれば上記の印象がなくなるだけでなく、ぽっちゃりさんの親しみやすい雰囲気が強みとして前面に出て好感を持たれやすくなります。

サイズ

ジャストフィットする体型に合った服を着ましょう。

よくあるのが体型を隠すために必要以上に大きいサイズを選んでしまうパターンです。

身体よりも大きい服はかえってぽっちゃり体型を強調してしまいます。

また、着丈が長かったり、肩が落ちてしまったり、袖が余ったりするとだらしない印象まで与えてしまいます。

反対に、小さいサイズの服を着るとボディラインが強調されてしまいよくありません。

ジャストフィットの服で、ハリにある生地や厚めの生地の服を着るとキレイなシルエットになるので、ボディラインが出るのが気になる方は生地にも注目してアイテムを選んでみてください。

体型カバーする着こなしポイント3つ

低身長ぽっちゃりさんにおすすめの体型カバーのポイントをご紹介します。

低身長メンズファッションの基礎はこちらの記事で紹介しておりますので、合わせてご覧ください。

黒・ネイビー・ブラウンを使う

見た目のボリュームを引き締めるために黒やネイビー、ブラウンと言った収縮色と呼ばれる濃い色、収縮色が効果的です。
この収縮色は他の色より引き締まって見える錯覚を起こす色のことです。

この収縮色の使い方の基本はこのようになります。

お腹を隠す→暗いトップスを着る。
おしり、太ももを隠す→暗い色のパンツを履く。
全体が気になる→上下暗い色にする。

ちなみに、一番身体が細く見えるのはネイビーです。
黒は肌との色の違いがはっきりしてしまい、半袖の場合は身体の境界線がはっきりしてしまうので細身効果が薄くなります。
なので最大限効果を取り入れるならネイビーがおすすめです。

首、手首、足首を見せる

身体の中でも細い部分である首、手首、足首を見せると全体が細く見える効果があります。

人間の目は、見える部分から全体を把握するという性質があり、手首と足首の身体の端がきゅっと締まっていると、それに引っ張られて全体が細く見えるのです。

また首、手首、足首が見えるファッションは軽い印象になり、これも体型カバーに効果があります。

さらにファッションにメリハリと、ファッションでよく言われる”ヌケ感”が生まれて、おしゃれにもなります。

パンツやシャツをロールアップ(まくる)して効果的に見せていきましょう。

Iラインシルエット、Yラインシルエットを作る

シルエットとは、服を着たときの輪郭のことです。

体型の見え方に直接的な影響のある部分で、視覚的に着痩せして見えるかどうかはほとんどこのシルエットで決まります。

低身長ぽっちゃりさんにおすすめなのが、一番着痩せして見える「Iラインシルエット」とお腹わまりを隠せる「Yラインシルエット」です。

そしておすすめできないのが「Aライン」です。
下半身痩せとしてぽっちゃりさんにAラインシルエットがよくすすめられています。

たしかにおしり周りや足を隠すことはできますが、低身長メンズがすると身長の低さとスタイルの悪さを強調してしまいます。

そのためおすすめではありません。

Iラインシルエット

これが一番痩せ見えするシルエットです。

上半身も下半身も細身でジャストフィットする服を合わせて、縦にまっすぐ伸びる効果を出します。

縦のラインを作ることで、横幅の印象が軽減されてすらっと着痩せして見えるようになります。

Yラインシルエット

お腹周りを隠せるシルエットです。

上半身はコートなど着丈の長い服、下半身は細身でジャストフィットする服の組み合わせで、着丈の長いコートがお腹周りをすっぽり隠してくれます。

また、アウターの長さによっておしりや太ももも隠せるので、気になる部分、全部を隠すことができるのも魅力のシルエットです。

アウターを着る季節におすすめで、お腹周りが気になる人は着丈が長めのアウターを1着持っておきましょう。

もう一歩おしゃれになりたい方へ

ここで紹介するのは、ネガティブなイメージを払拭し簡単におしゃれに見せる方法です。

きれいめ、ドレスライクのコーデをしてさわやかさを演出!

きれいめコーディネート、ドレスライク(フォーマルに近い)コーディネートと言ったかっちりして見えるコーディネートは清潔感があり、女性ウケもいいスタイルです。

簡単にさわやかさを演出することができ、持たれやすいイメージを払拭してくれます。

きれいめで清潔感あるファッションをしていると、ぽっちゃりさんのイメージとのギャップで、他のぽっちゃりさんと大きく差がつき好印象になります。

新しめのキレイな服を着てだらしないイメージを払拭!

手っ取り早く印象アップを狙うなら、新しめの服を着るのがおすすめです。

汗をかきやすいぽっちゃりさんは服がクタッとするのが早く、着古したように見える服になるのが早かったりします。
ですがシワを伸ばしたりといったお手入れや、気を使って着回すのはつかれるものです。

新しい服や着用回少ない服は傷んでおらず生地にハリもあるので、そういった服を積極的に着るようにしましょう。

たったこれだけのことですが、清潔感は変わって見えます。

人はどうしてもイメージに引っ張られてしまうため、クタッとした服や手入れされてない服に見えると、ぽっちゃりさんのイメージに引っ張られて、だらしなく見えてしまいます。

しばらく服を買っていない方は、一度持っている服を見直してみましょう。

明るい色を着てネガティブかつ体型カバーの印象を与えない!

収縮色の効果をより発揮するために、色の対比を上手に使うことがポイントになってきます。

暗い色ばかりを使うとコーディネートが重くなってしまうため、ほどよく明るめの色を取り入れることも大事になります。

トップスを暗くするなら、パンツを少し明るめのグレーやブラウンを選ぶと、色の対比で暗い色が錯覚でより引き締まって見え、お腹をより細く見せることができます。

足やおしりを暗くするなら、アウターやジャケットの中のトップスを少し明るい色を選ぶと、色の対比で暗い色が錯覚でより引き締まって見え、足をより細く見せることができます。

まとめ

この記事では、低身長のぽっちゃりさん向けに体型をカバーする着こなしを見てきました。

体型カバーの着こなしは、そのままおしゃれのポイントにもなります。

「体型カバーのテクニック」を取り入れて、 陥りやすい印象を避ければ、スタイルアップして女子ウケも上がります!

体型が変化することは誰にでもあること!

低身長さんで体型に悩んだときは、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人

伊藤 雄基

伊藤 雄基

『Retoropics.(レトロピクス)』の専属モデル兼店長。身長158cm体重50〜60kgを推移中。
低身長の悩みとアパレル販売の経験を活かせる環境としてレトロピクスにジョインし、小柄男性が豊かに過ごせる世の中に向けて活動。
ボディメイクでは、マッスルコンテストフィジークノービス3位入賞の実績。